Login

野球部、「書初め」から練習開始(130104)

東京都立東大和高等学校

野球部、「書初め」から練習開始

あけましておめでとうございます。

今年も野球部では恒例の書初めを行い、元気に練習が開始されました。

野球部では、毎年、年のはじめに自分自身が強く心に留めておきたい言葉を書にしています。真っ白な練習着に着替え、全員が教室に集まり、書初めに集中します。書きあがると、配られた小さな紙に、なぜこの言葉を書いたのかを記します。そして、一人ひとり順番にその思いを皆の前で発表していったということです。

書初めを見せてもらいました。しっかりとした文字から、一人ひとりの野球や学校生活にかける思いが伝わってくるようでした。ほんの一部を紹介します。

「大切」、一日一日を大切に。野球も勉強も学校生活も全て大切にして、いい人間になる。「貢献」、常にチームに貢献する。社会に貢献する。そこにいるだけにならない。「競争」、同じポジションの人たちと競争することで、チームとしても個人としても向上できると思ったので。「貫」、何事も中途半端にせず、貫き通す。

校長室の三枚の準優勝旗を見るたび、大和の良き校風と伝統を継承していきたいと強く思うのです。きっと選手たちも同じような思いを持って、日々の練習に励んでいることでしょう。今年も皆で精一杯取り組んでいきましょう。

校長通信 バックナンバー

最終更新時間:2013年01月04日 17時53分20秒