Login

男バス、ラスト15秒でもあきらめない心(120612)

東京都立東大和高等学校

男バス、ラスト15秒でもあきらめない心

男子バスケットボール部がインターハイ予選で勝ち進んでいます。

昨日は16決めまでの2試合が行われました。会場でははりつめた雰囲気で試合が進められていました。応援席は本校生徒、保護者の皆様、卒業生でぎっしり埋め尽くされました。皆で「大和魂」の応援うちわを振りながら声援を送りました。

32決めの試合では第3ピリオドまで終始リードしての試合展開でしたが、4ピリオドで追いつかれ、逆転されるという場面もあり、苦しい戦いとなりました。ラスト15秒では相手チームのファウルからフリースローとなり、これを見事に2本とも成功させ、延長戦となったのです。5分間の戦いの後、勝利を治めることができました。ヤマ高生の「あきらめない心」をここでも見ることができました。

生徒の応援席からは選手を励ます伝統の応援が途切れません。延長に入るときには、大和を応援するすべての人々に呼びかけて、「校歌」を歌い上げました。母校を勝利に導こうとする熱い思いや大和の選手を勇気づける思いがこもった応援となりました。

選手と応援席が一体となって、勝ち進むことができました。ベスト8をかけた次の試合でも「あきらめない心」をもって精一杯戦ってください。

校長通信 バックナンバー

最終更新時間:2012年06月12日 08時50分58秒