Login

硬式野球部 秋季大会2回戦 vs二松學舍大附属高校(20181015)

東京都立東大和高等学校

硬式野球部 秋季大会2回戦 vs二松學舍大附属高校(20181015)

 10月14日(日)に、多摩一本杉球場において、秋季東京都高等学校野球大会本大会2回戦、対二松學舍大附属高校との試合が行われました。

 先週の一回戦をサヨナラ勝ちで収め、勢いを残したまま臨んだ一戦でした。試合当日、前夜から降る雨の影響もあってグラウンドコンディションも良好ではなく、第一試合の開始が遅れたこともあり、選手たちの準備に不安を残す入りとなってしまいました。

 試合は初回、東大和が先制は出来なかったものの、相手のチャンスを無失点で切り抜け、流れを維持することができました。ですが続く2回の二松學舍の攻撃、フォアボールで出塁したランナーを犠打で得点圏に進められ、迎えた打者に鋭くショート横を抜くタイムリーヒットを打たれてしまい、先制点を献上してしまいました。次の打者にもデッドボールを与えてしまい、ピンチを拡大してしまい、2アウト1,2塁で迎えた打者に、ライトフェンスを超える3ランホームランを打たれ、一挙4点を失ってしまいました。

 反撃ののろしを上げたい東大和でしたが、続く3回の攻撃で先頭がヒットで出塁するも反撃することができず、反対に4回の二松學舍の攻撃で、追加点を挙げられ、5回終了時点で5−0と相手に主導権を与えてしまいます。なんとか食らいつくため、6回の東大和の攻撃で先頭に代打を送り勝負に出ましたが、三振に抑えられてチャンスを作ることができず、この回も無得点。その裏の二松學舍の攻撃で代わった投手が相手打線につかまり、5点を追加され、6回コールドの0−10で敗戦となってしまいました。

 新チームとなって臨んだ初めての公式戦でしたが、都ベスト32の結果を残すことが出来、選手の自信となったのではないかな思います。ですが、二回戦で今夏の甲子園出場校でもあった二松學舍大附属高校との試合をすることが出来、プレーを通して自分たちに足りないものを学ばされたことも多かったと思います。ですが、それと同時に、自分たちの野球や能力が通用した部分も数多くあり、相手との距離感はそう遠いものではないと感じることができたのも間違いないと思います!

 今回のこの敗戦を糧にして、厳しい冬に臨み、選手一人一人が自分自身、またチームメイトと向き合い、一皮も二皮も剥けるような練習に励んでいきます!そして成長した姿で春季大会を迎え、必ずリベンジを果たしたいと思います!

 たくさんの保護者の方や野球部のOB・OG、また野球部関係者の皆様、応援本当にありがとうございました!皆様の声援に力をいただいき、選手たちは臆することなく戦うことができたと思います。これからもチーム一丸となって勝利に向かって戦っていきますので、今後とも応援よろしくお願いします!

作成 野球部

[部活]最終更新時間:2018年10月15日 20時25分38秒