Login

やま高生の十五の心(120502)

東京都立東大和高等学校

やま高生の十五の心

1年生の掲示板に「短歌」が紹介されていました。

少し前に1年国語総合の授業を見学したときに、皆が今の自分の心情を短歌で表現していたのを思い出しました。石川啄木らの短歌作品を鑑賞し、「短歌を詠む」というワークシートが配付され、各自が五・七・五・七・七と指を折りながら、創作に集中していました。

生徒の作品からは不安と緊張で新しい高校生活をスタートさせた心、新しい目標に向けて懸命に努力を続ける心などが伝わってきました。短歌を声に出して詠むと、私も責任とやりがいを改めて感じます。先生方皆で十五の心を応援します。

やま校で 見つけた目標 インターハイ 本気で目指す 十五の心
桜咲き 新たな仲間 できたなら 笑顔も咲くよ 十五の心
空の下 桜舞い散る 門の前 不安と希望 十五の心
旧友と 別れてつくる 未来へと 我が道をゆく十五の心
お弁当 みんな輪になり 空のした 笑顔あふれる 十五の心
きついけど この練習やっていき 成長しよう 十五の心
呼名中 いまかいまかと 待っている 緊張してた 十五の心
春がきて 夢に向かって 走り出す 希望に満ちた 十五の心

校長通信 バックナンバー

最終更新時間:2012年05月02日 16時40分36秒